オススメリンク

交通事故の被害に遭われた方は交通事故を解決する弁護士さんが居るのでこちらの弁護士さんに交通事故の問題を解決してもらいましょう。
交通事故の慰謝料請求は大阪の絵弁護士に相談しよう:士道法律事務所
交通事故の慰謝料相談をするなら【オーセンス】

アーカイブ

カテゴリー

弁護士さん

慰謝料の必要性

慰謝料の必要性は、相手に過失がありかつ自分が被害に遭ったことで、その被害により今後の生活をお金で賄うことで負担を最小限に抑えることです。

例えば、交通事故でけがをしたときに、それを直すための病院の通院費や仕事を休むことでの給料の減額分が発生します。いずれも生活費の負担となりますが加害者から慰謝料を受け取ることでこれを補うことができ損失が0になります。

最適な金額は両者では言い合いになりますので、弁護士を仲介して正当な額を決めることが重要です。

弁護士の横顔

慰謝料とは

慰謝料とは、精神的苦痛に対して支払われる損害賠償のことです。そのため、いくらかは人によって異なり、相手の経済状況によっても支払われる金額が変わることがあります。

慰謝料が支払われる場面は、さまざまありますがそのひとつは交通事故です。相手の過失によって、こちらが被害をこうむった場合には、その精神的苦痛に対して相手に請求することができます。しかし、こちらが提示する額と、相手が支払えるという額が違う場合には、弁護士をたてて交渉することもあります。

不貞行為にせよ交通事故にせよ、特殊な事例でなければ慰謝料には相場があります。具体的な金額はネットでも調べられますし、確実を期すのなら弁護士などに相談することもできます。もっとも、両者が合意できるのなら幾らでも構いません。

請求する際には、証拠を残すために内容証明郵便を利用しましょう。両者で合意がまとまらない場合は、民事調停などに、さらには裁判となりますが、慰謝料が小額だと裁判費用で足が出てしまうこともあるので注意しましょう。

弁護士

弁護士の注意点

国の定める資格を取得した、法律の専門家であり広範な法律知識を誇りますが、専門分野や得意とする分野があるため、案件に応じて依頼先をどこにするのか注意が必要です。

例えば民事上の案件として頻繁に弁護士に相談が持ち込まれるものに、離婚と交通事故がありますが、ともに慰謝料が生じるという共通点はあるものの、それぞれ解決手法が異なるため、納得のいく結果を得るためには、弁護士の専門分野や得意分野を吟味して依頼することが肝要です。

誰でも、交通事故に遭ったら、慌ててしまって、何から手をつけて良いか判りません。
相手に強く言われると、言われるがままに金銭を払わされたり、事実と異なる証言をされて困る場合もあります。

このようなときに頼りになるのが弁護士です。現場の保全や証拠の採取、相手との交渉や、慰謝料の請求まで、全てを法律に基づいて、完璧に行ってくれるのです。

専門的なことは、やはり、専門家である弁護士に任せた方が、効率的に、正しく処理出来ます。

カレンダー

2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031